FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックについて考える

コメント機能とトラックバックとの違い。それは記事を書くという点における。訪問者もしくは閲覧者に該当するユーザーが残すのがコメント。それに対してブログ運営者向けシステムとして搭載されているのがトラックバック。そんな認識で良いだろうか。

自分にとっても言えることだけど、一般的にトラックバックに関する十分な理解を持っている人間は少ない。コメント機能の延長線上にあるものだと認識している人も少なくない。ブロガーにとっても考え方は千差万別。事細かにルールが設定されていない以上、臨機応変に対応していく必要がありそうだ。

基本として、書かれた記事は自分のブログに掲載される。相手の記事について文章を作成したり、一部を引用したりするわけだから、リンクを付けることは必要不可欠。大学で論文を書くときに見られる参考文献のようなもの。何にでも著作権というものがあるんだから、必要最低限の事だろう。

リンクを付けたくない場合?一部の引用も行わず、しかも関係の無い記事を書けば良いと思われがち。しかし、それではトラックバックを利用した記事としての価値が無い。トラックバックの意義について考えてみれば、簡単に理解できることだ。

トラックバックされた相手は、何処からトラックバックされたかを知りたいはず。それを知らせる為、オリジナルの記事の後ろにはトラックバックの一覧が表示されるわけ。もちろん非表示にして、通知だけを受け取ることもできる。コメント機能と同じく、慣れれば誰でも利用できてしまうシステムだ。悪戯や荒らし、冷やかしなどの標的とされることもあるので、投稿制限などの対応も必要とされる。

ある一定のモラルを有して使うことが出来れば、それこそ素晴らしいシステムだ。ブロガーにとってブログ同士の近所付き合いは必要不可欠。お互いの記事を紹介し合うことにより、ブログのパフォーマンスも高められるだろう。

こちらのエントリーはトラックバックの練習として利用してみてください。
またトラックバックの送信方法は「トラックバックとは?」に記載されています。
もしくはFC2ブログにログイン状態の場合こちらをクリックして投稿する事もできます。

適宜削除する事があります。...
トラックバック練習エントリー

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。