FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまみ枝豆とフライデー襲撃事件

右翼だとか左翼だとか、そんなモノに親しみがない現代人。言葉の意味すら理解していない若者も少なくない。そんな我々にとっては非常に刺激的な話だ。

過去の話とはいえ明らかにされた、つまみ枝豆の素性。それは一部の人を震撼させたかもしれない。今は一般人として思想も変わっていると思われるが、過去の自分の行為を悔いる気は無いだろう。そんな小さな覚悟で活動してきた団体員はいないはず。

フライデー襲撃の際にどうして彼が外されたのか。それは当人が理解しているはず。その上で、たけしの敵討ちまで企てていたという。たけしが必死に静止させたことにより、犯行は未然に防げたと言う。

今となってはたけしに感謝しているはず。家庭を持ち、幸せに暮らせているんだからさ。カッとなって、勢いで行動してはいけない。世界はこんなにも希望で満ちているんだから、わざわざ不幸になる道を選ぶ必要は無い。自分の不幸を望んでいる人なんていないんだからさ。

フライデー襲撃事件1986年12月9日未明、ビートたけしが当時交際中の女性に対する記者の取材ぶりに怒り、写真週刊誌『フライデー』出版元の講談社を襲撃した事件である。たけしに懲役6ヶ月、執行猶予2年の有罪判決が出た事でもわかる通り、人気絶頂の芸能人が集団で暴行で逮捕されるという芸能史に残る衝撃的な事件だったといえる。一方、講談社側の取材にもかなり問題があり、当時の世論はたけし同情する声も多くみられた。近年は...
フライデー襲撃事件の本当の恐怖

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。