FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日新聞の読者情報が再び流出!販売店主がWinnyに感染!

コンピューターウィルスの危険性は無限大だ。今最も熱いコンピューターウィルスはやっぱりウィニー。伝染といった危険性は無いものの、一度感染してしまうと厄介だ。翌日から人目を気にして生活することに。いつも何処かで見られているような恐怖感に襲われることだろう。だって感染者の情報は世界中にばら撒かれちゃってるんだからさ。

2007年1月9日のニュースヘッドラインを独占したWinny被害。身内の失敗を記事にしなければいけない毎日新聞。信用もガタ落ちだ。読者情報が漏洩!埼玉県西部での話。職場パソコンの情報を自宅パソコンに移していた店主のミス。

「またエロ動画でもダウンロードしてたんじゃないの?」

そんな軽いノリで済めば店主も気が楽だろう。しかし、これはそんな簡単な問題ではない。漏洩した情報を拾った人間が悪用するかもしれない。ある日、突然ダイレクトメールが大量に送りつけられるかもしれない。そんな恐怖と向き合わなければいけない顧客。今のところ二次被害は確認されていない模様。しかし常に脅威に晒されているという事実には変わりなし。一体どうやって責任を取るつもりなのか。

 慶応義塾生活協同組合(横浜市港北区、光道隆理事長)は19日、組合員の学生や生協職員らの個人情報を紛失したと発表した。対象者は最大で約8800人に上る。生協女性職員が16日夜、USBメモリーなどを持ち帰る際、カバンごと電車内に忘れた。
<慶応生協>個人情報を紛失(毎日新聞)

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。