FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわき市暴力団員殺人事件

6月7日の深夜に殺人事件が発生。舞台は福島県いわき市内の空き地。暴力団員が顔見知りの男性を殺したらしい。被害者の死因は腹を包丁で3回突き刺さされたこと。始めは暴力団同士の抗争とも考えられた。しかし、暴力団自体とは無関係な個人的な殺人であったため、裁判員裁判を行うことが決定された。しかし、関係者の妨害なども予想されたため、厳重な警備網が敷かれた。傍聴人は例外なく金属探知機による検査を受けることに。暴力団が関わる事件の裁判の場合、こういった配慮も必要になる。

殺人罪と銃刀法違反で起訴された男性の殺意は明らか。弁護側の意見は通らず、検察側の主張が支持される。判決は懲役17年。人を殺すということはそれだけ重い罪を負わなければいけないということだ。
スポンサーサイト
[PR]

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。